【リニューアル新発売】ベリーローズウィッグ洗浄シャンプー

2,000円(税込2,200円)

長年ご愛用いただいておりましたベリーアンドローズシャンプーですが、今回ボトルや成分を見直しリニューアルいたしました。

ボトルも使用しやすいポンプ式になり、内容量も300mlとたっぷりとご使用いただけます!



maruお顔も洗えるアミノ酸100%天然成分全身シャンプー
ベリーローズシャンプー NET300ml 販売価格2,200円



リニューアルされたベリーアンドローズシャンプーは、以前と同様毛髪に負担をかけずに汚れを落とし、ツヤとうるおいを与え【人毛、レミーヘアを使用した医療用ウィッグ(かつら)】の洗浄だけでなく、自毛に使えるシャンプーです。髪が補修される。まさにそんな感じを実感して頂けます。

アミノ酸をはじめ、非常に優れた成分を使用しておりますので、医療用ウィッグ以外にも頭髪はもちろん、お顔やボディーシャンプーとしても大変おすすめできます。髪の毛にお悩みの方や敏感肌の方、ダメージヘアの方にも安心してお使い頂ける、アミノ酸系のシャンプーです。

石油系界面活性剤は強い洗浄力があり、汚れを落とす時に髪や頭皮に入りやすく毛表皮(キューティクル)も壊れて次第に剥がれたり、良い菌(常在菌)も弱らせてしまう為、乾燥によるかゆみなども起こすことがありますので低刺激なアミノ酸活性剤を使用し、天然由来の原料を多く仕様する事で、頭皮やキューティクルをいたわるシャンプーを作りました
また、紫外線や乾燥、カラーリングなどで光沢・しなやかさも無くなり、パサつき・枝毛・切れ毛などで髪が細くなります。「髪」は、常に外気にさらされている為少しでもダメージを減らし、ケアすることが大切です。

ベリーアンドローズシャンプーは洗浄成分をアミノ酸にすることで、髪に負担をかけず、髪の表面の汚れだけを落としながら失われた髪のアミノ酸や水分を補給し、髪に潤いを与えます。これらの効果は、自毛はもちろん人毛のウィッグ製品にも大変適しています。




医療用ウィッグを洗うために




医療用ウィッグの髪質をどうすれば良い状態を長く保つことが出来るのだろうか…この点に着目して生まれたのがこの【ベリーローズシャンプー】です。

人毛を使用している医療用ウィッグ全般に言えることなのですが、髪の毛に必要な栄養素や脂を頭皮から得ることが出来ないため、使用頻度やブラッシングの掛け具合・かつらの髪の髪型や長さ・汗をかく量や運動を良くする人、装着したまま寝てしまう人、洗い方や乾かし方、使用するシャンプーの成分…などによって、医療用ウィッグの寿命が大きく替わってきます。

どんなに高級なウィッグ、どんなに良質な毛髪で作っても、これらの要因で、驚くほどの短期間で全く使い物にならなくなってしまう場合があるのです。
例えば、たった1回でダメにしてしまう原因にシャンプー剤があります。市販のドラックストアなどで販売されている安価な製品は必ずといっていいほど石油を原料とした洗浄成分が入っています。これは洗浄力が非常に強い為、髪の内部に入り込み、髪の表面を傷つけ、本来髪の内側にある栄養素や水分などを皆取り去ってしまいます。その為髪はパサつき絡んでしまいます。絡む原因はそれだけでなく、冬場など、襟のあるコートや衣類の摩擦によっても起こります。人間の髪は自らの頭皮から出る油によって毛の表面を保護していますが、ウィッグの場合その油が無いものですからどうしても髪にダメージを受けやすく非常にデリケートで、しかも修復不可能という状態になってしまいます。

そこで医療用ウィッグをお使いの方に安心しておすすめできる物を、と考え生まれたシャンプーが、この天然成分アミノ酸のヘアシャンプーです。髪や肌と同じ成分の高価なアミノ酸を使用することで、洗浄成分は髪や体の内部に入り込むことなく表面だけを洗浄し、ダメージをなくします。ドラッグストアなどで販売されているシャンプーなどと比較した場合、洗浄力としてはちょっと弱いのかな?と思えるかもしれませんが、これは、ただ単に脂分や汗・汚れなどを落とすのが目的のシャンプーとは違う物とお考え下さい。また実際には、汚れもアミノ酸の力でしっかりと落とされますのでご安心下さい。

髪と頭皮を優しくいたわりつつ、頭皮をきれいに洗浄する、とても優れたシャンプーです。

シャンプー剤選びは大切


現在、ほとんどの方が毎日のように自毛をシャンプーされています。ウィッグも季節によって頻度は変わりますが、3〜4日に1回、1週間に1回はシャンプーされていると思います。
そして、1度傷んだ髪は元には戻りません。
傷んだ髪にトリートメントをしても、一時的に保護するだけで傷んだ髪が元に戻るわけではなく、あくまでも一時的な対処法です。また、トリートメント剤で髪が傷んだという事は余り聞きません。
どちらかと言えば髪を洗う時にはトリートメント剤よりシャンプー剤の方が重要になります。
シャンプー剤を選ぶ際に、洗浄力が強い方が綺麗になるイメージがあります。確かに頭皮の皮脂等はよく取れるかもしれません。しかし、髪の毛にはそこまで強い洗浄力は必要ありません。シャンプー剤をつけて毎日髪と髪をこすり合わせるだけでも少しずつ傷みの原因になります。
特にウィッグは、軽くブブラッシングするだけで大抵の汚れ(埃など)は取れてしまいます。
また、市販でよくみるノンシリコンシャンプーは髪が軋んでしまうという事もありウィッグには余り向いていません。
ウィッグをより長くご使用していただくためにも、必要最低限の汚れを落としてくれ、髪にも優しいシャンプーを選ぶことは大切です。



ベリーアンドローズシャンプーは   天然由来原料が主体



  • プラスオーガニック精油(ヤシ・ホホバ・オリーブ・アルガン・ラベンダー・ローズマリー・カミツレ)を配合しております。
  • 香りはほんのり香る ラベンダー・ゼラニウム・ベルガモット・グレープフルーツ・ユーカリを調合した香りになっています。 
  • 洗浄成分はアミノ酸
    ココイルグルタミン酸ナトリウム、これは、天然ヤシとサトウキビから生まれたアミノ酸です。素肌や髪と同じ弱酸性で、刺激が少なく、モッチリとした泡が汚れを落としながら髪の内部にアミノ酸を補給します。
  • 天然保湿成分配合
    髪の内部は、アミノ酸とそれをつなぐCMC(毛髪細胞複合体)から出来ています。CMCの成分はセラミドなどの脂質。ナノテクノロジーによって、セラミドをナノ化(微粒子化)。成分を髪の毛の内部まで浸透させます。
  • 主な成分

    ・ココイルグルタミンTEA
    ヤシ、L-グルタミン酸で作られたマイルドな洗浄成分。毛髪の保護成分、修復効果も期待できる環境に優しい性質を持っています。


    ・ポリクオタニウム-10
    +の電気を持った成分で、静電気(−)の発生を防ぎ(帯電防効果)、毛髪の櫛の通りをよくするなどの帯電防止剤としてヘアケア製品に配合される成分です。ウェット時には、ぬるっとした感触が出る特徴がある。植物デンプン等由来。保湿効果やコンディショニング作用があります。


    ・グリセリン
    吸水性に優れており、皮膚や毛髪の補湿成分、柔軟成分として潤い持続の成分


    ・ホホバ種子油
    ホホバ科の常緑低木である「ホホバ」の種子から得られる油脂で、感触が良く、さっぱりしています。比較的安全性は高く、肌質を問わず効果が出やすいので広く使用される植物油である。エモリエント効果や保湿成分、ヘアコンディショニング効果がある。


    ・ユーカリ葉油
    ユーカリ葉油から抽出した天然オイル成分でリフレッシュな香りとともに防腐性、抗菌性、抗炎症性のある成分、保湿作用・収れん作用


    ※収れん作用・・・収れん作用とは、タンパク質を変性させることにより組織や血管を縮める作用の為、毛穴を一時的に引き締めて、汗や皮脂の過剰分泌を抑制します。収れん作用を持つ物質には止血、鎮痛、防腐などの効果があり、化粧品や医薬品として用いられます。


    ・植物由来のBG
    無色、無臭の液体で保湿成分性を有し、適度の湿潤性と静菌性があり、グリセリンよりもさっぱりした使用感を持っています。植物エキスの溶解性を良くし、角質層への保湿成分があり、皮膚刺激性が無い。多価アルコールの一種で、水と馴染みも良く、潤いを保ち瑞々しい肌にする目的で使用されます。また、製品を安定に保ち長持ちさせる働きもあります。


    ラベンダー油
    ラベンダーの花から抽出される精油で、殺菌作用、血行促進作用が確認されています。また、リラックス作用が高く、鎮静効果もあります。


    ローズマリー葉エキス
    シソ科の常緑低木で、独特の芳香を持っている『マンネンロウ』の葉または花から抽出されるエキスで、血行促進作用や抗酸化成分、メラニン生成抑制作用が閣員されており美白化粧品にも使用されています。成分としては、精油、フラボノイド、タンニンを含み、特にロスマリン酸を多く含みます。抗菌作用、抗酸化成分、消炎成分に優れているので、アンチエイジング用、肌荒れ用、ニキビ用等に配合される。刺激・清浄作用もあるので抗炎症、脱毛・フケの予防等頭皮に有効な作用があります。


    カミツレ花エキス
    キク科の植物『カミツレ』の花から抽出されるエキスで、乾燥した肌や敏感で炎症を起こしやすい肌を沈静する働きがあります。更に保湿成分、収れん、血行促進、色素沈着を抑える働きを持つ。一般的にカミツレエキスは消炎成分があり、健康な肌を維持する目的で多くの製品に配合されています。




●ご使用方法


髪を充分に湿らせ適量を手に取りご使用下さい。2度洗いをされますとより効果的です。すすいだ後、トリートメントで仕上げて下さい。


『全成分表示』


水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、ヤシ油、ホホバ種子油、オリーブ果実油、アルガニアスピノサ核油、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、キトサン、乳酸、BG、グリセリン、1,2−ヘキサンジオール、ポリクオタニウム-10、ラウリン酸BG、カプリル酸グリセリル、ウンデシレン酸グリセリル、リシノレイン酸グリセリル、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ベルガモット果実油、グレープフルーツ果皮油


※アクリル等を使用したウィッグは【合成繊維用】をご利用下さい。


※【ウィッグのお手入れ】ページ『シャンプーの仕方』もご確認下さい。



※注意


リンスは不要ですが、トリートメントは必ずするようにして下さい。


トリートメントは栄養補給の為に必要です。


レターパック370での配送は承れませんのでご注意下さい。


カタログ配布病院一覧